a20edad0f55755f0cfa8619763a82139_s食事も気をつけているし、運動も行っているのに全然痩せない!?とお悩みの方。もしかするとダイエットがストレスになっていませんか?

自分では気づかないうちにストレスが溜まり、それが痩せない原因となっている場合があるのです。

スポンサーリンク

■ 女性に多いストレス

普通に生活していても、日々の生活の中で「イライラ」する事や「腹がたつ」事ってないですか?

スレンダも車を運転していて前の車が急に右折しようとウィンカーを上げたので、左車線へ入れてもらおうとしてもなかなか入れてくれなかったり・・・(ちょっと割り込ませてくれたっていいのに!)と思う事がしばしばあります。
仕事をしていれば、自分でやった事ではないどうにもならない事でお客さんから怒られたり・・・
彼氏と些細な事でケンカをしてしまいイライラしたり・・・
子育てをしていれば、子供から反抗的な態度を取られたり・・・

女性は特になんでもないような生活の中でも、意外にストレスが溜まりやすい状況が多く見られます。

そんなストレスをうける事で、身体の中ではストレスホルモンが分泌されてしまいます。
このストレスホルモンというのが厄介物で、ダイエットには大敵といえます。

 

■ ストレスホルモンとは何か

私たちはストレスを感じるとストレスから身体を守るために、交感神経が緊張状態となり「アドレナリン」「ノルアドレナリン」「コルチゾール」などのストレスホルモンが分泌されます。

「アドレナリン」などは一度は耳にした事があると思いますが、「コルチゾール」って何?と思いますよねー

「アドレナリン」と「ノルアドレナリン」により肉体や精神的な痛みに順応でき分泌される時間は30分程度ですが、「コルチゾール」はストレスを感じている限り分泌され続けます。

「コルチゾール」の分泌量が増加する事で免疫力が低下し、筋肉を(たんぱく質)分解してしまい、食欲が増し脂肪をためやすくしてしまうといわれています。ダイエットに大事な「成長ホルモン」の分泌も抑制する作用もあるといわれているので、ダイエットには大敵といえます。

「成長ホルモン」についてはこちら ⇒ 【ダイエットに重要】成長ホルモンを増やす3つのキーワードとは?

スポンサーリンク

■ ストレスをためないようにするには

自分で感じるストレスは意外と解消しやすいのですが、自分で気づいていないストレスを解消しようと思わないはずです。
嫌な事があった日は、お友達と食べたり飲んだりしながら愚痴を聞いてもらって発散する事ってよくあるかと思います。(スレンダもお友達とパーっと飲んで騒いで発散します!)

でも自分で気づいていない時は、発散する事もなく毎日を過ごしてしまうのでストレスが溜まり放題になっていってしまいます。

ストレスを感じていなくても、自分なりの気持ちが良いと感じる事を行うのが大事になります。
あなたにとってどんな時が一番気持ちが落ち着きますか?

  • お風呂に入っている時
  • 好きな音楽を聴いている時
  • 美味しい物を食べている時
  • マッサージをうけている時

このように色々な事があると思います。
中にはスポーツジムへ行き汗をかくとスッキリするという人もいますので、自分なりの気持ちが良いと思える事を定期的に行う事をおすすめします。

寝るのが一番という方は ⇒ 【今すぐ実践!】質の良い睡眠はダイエットにも効果がある?

ちなみにスレンダは、好きな曲をピアノで弾いている時が一番「無」になれて日常から解放されます!(最近良く弾いているのは『SHAKATAK Invitation』です)

 

■ まとめ

ダイエットと行っていてもなかなか痩せない!とお悩みの方は、もしかするとストレスが原因となり痩せられないのかも知れませんよー

ストレスを無くす事でホルモンバランスが正常となりますので、自分なりのストレス解消法を見つけてみてはいかがでしょうか?ストレスを感じていなくても気持ちが良いとされる事を、生活の中で行うことをおすすめします!

スポンサーリンク