119512ひそかに流行っているプチ断食ですが、どのような方法で行う事で効果があるのでしょうか?

自宅で簡単にできるプチ断食の方法をお伝えします。

 

スポンサーリンク

■ プチ断食の効果

食生活を断食によりリセットさせ内臓を休ませます。

内臓を休める事により本来の機能が回復されて新陳代謝を活発させる事ができ、体内にたまった老廃物を排出させデトックス効果も高いと言われています。

新陳代謝が活発になる事で自然と脂肪が燃焼されるようになり、太りずらい痩せ体質を手に入れる事ができるのです。

老廃物を排出する事で腸内環境のバランスも整い、お肌トラブル等の解消にもつながります。

 

■ プチ断食の方法

一週間のうち、一日断食を行います。

いきなり一日に何も食べない事ではなく、三日かけて一日を完全に断食する日にします。

例として、月曜日から金曜日まで仕事をしている方ですと、金曜日から日曜日にかけて行った方が負担が少ないので、金曜日を一日目としてご説明します。

 

一日目(金曜日)

朝食 : 普段通り

昼食 : いつもより軽め

夕食 : いつもの半分を目安に

夕食は寝る3時間前までには終わらせるようにし、次の日に備えて十分な睡眠時間をとるようにしましょう。

 

二日目(土曜日)

この日は一日断食日となりますが、必ず水分だけは摂取しましょう。

過度な運動や長時間の外出は控え、ゆったりとした気持ちで過ごせるようにしましょう。

摂取する水分は水以外でも大丈夫ですが、胃腸に刺激の強いコーヒーやカフェイン入りの物、市販の糖度が高い野菜ジュース等は控えるようにしましょう。

空腹に耐えられなくなってしまった時は、深呼吸をしたり好きな音楽を聴いたり、軽いストレッチを行うなどの気分転換を行うようにしましょう。

 

三日目(日曜日)

朝食 おかゆ(お茶碗一杯程度)

昼食 : いつもの半分を目安に

夕食 : いつもの半分を目安に

昼食も夕食もいつも通りの食事でかまいませんが、なるべく消化の良い食べ物で胃腸に負担がかからないような食事にしましょう。

 

四日目以降

通常通りの食事に戻っても大丈夫ですが、断食を行った事で脂肪も減りますが同時に筋肉も減ってしまいます。

筋肉が減ってしまうと代謝が悪くなってしまいますので、筋肉が作られるもとになる良質なたんぱく質を摂取するようにすると、リバウンドを防ぐ事ができます。

手軽にとれる良質なたんぱく質とは ⇒ 【ダイエット効果抜群】ソイプロテインの正しい3つの選び方

 

 注意

プチ断食は、健康な方におすすめのものです。

体力の無い方や持病をお持ちの方が行う際には、必ず専門医等に相談の上行うよう注意が必要です。

無理をして何日も続けて行うと、体力が落ちてしまったり健康を害する場合もありますので、くれぐれも無理をしないようにしましょう。

 

■ まとめ

自分の都合にあった一日を「断食日」とし、前後一日づつを準備の日と回復の日にあてましょう。

脱水症状にならないよう、必ず水分は摂るようにしましょう。

一週間に一日だからといって毎週行うのではなく、初めは一カ月に一度からなどと無理をせずに行うようにしましょう。

 

※ホテルや施設などでも「プチ断食プラン」等があり自宅以外で行う事もできますので、自宅で行うには誘惑が多い等の自信が無い方は、こういった場所を利用するのも良いかと思います。

施設を利用する場合はあらかじめ予約が必要になり、大変人気で予約も取れないとの口コミをよく見かけますので、お早目の予約をおすすめします。

 

スポンサーリンク