6fbd97b36a3a386a3c7d0ed1d4cdcbfc_sテレビでも話題になりひそかな人気の『エゴマ油』ですが、どんな効能があって、ダイエットにはどのような効果があるのでしょうか?

スーパー等では品薄となっており、なかなか手に入りずらいようです。
そんな『エゴマ油』の事を調べてみました。

 

スポンサーリンク

■ エゴマ油とは

エゴマとはシソの仲間で、ゴマの仲間ではないようです。てっきり同じゴマがつくので、ゴマの仲間かと思っていました~

シソ科の一年草で、東南アジア原産とされる。地方名に「ジュウネン」(食べると十年長生きできる、という謂れから)などがある。
出典:wikipedia

カロリーは100gあたり544kcalとなっており意外に多いと思われますが、実際に使用する量は大さじ1杯程度なので、大さじ1杯14gとすれば76kcal程になります。

カロリーは気になる所ですが、エゴマ油には身体にとっても良い成分が沢山入っています。
その主な成分は、必須脂肪酸といわれるオメガ3脂肪酸の一つである「α-リノレン酸」という成分です。

なんと「α-リノレン酸」がオリーブオイルの100倍も含まれているのです。

この必須脂肪酸というのは身体の中では作られないものなので、食品などから摂るしかないのです。(必須とついているだけに、身体にとって必要なものといえます。)

その他、生活習慣病予防やアレルギー対策にも効果があるようです。

参考:オメガ3脂肪酸の摂取目安量は1日あたり女性(18~69歳)で1.6g~2.0g、男性(18~69歳)で2.0g~2.4gとなっています。(厚生労働省:『日本人の食事摂取基準(2015 年版)』より)

comments

 

エゴマは漢字で書くと『荏胡麻』って書くんです・・同じ胡麻がついているので、てっきり胡麻の仲間だとスレンダは思っていました!

スポンサーリンク

■ エゴマ油のダイエット効果

「α-リノレン酸」などのオメガ3脂肪酸には、体内で中性脂肪やLDLコレステロール(悪玉コレステロール)を減少させる働きがあります。その他、必須脂肪酸が新陳代謝を調整するホルモンを作っていることも発見されつつあるようです。
(甲状腺ホルモンも新陳代謝を調整するホルモンなんです。
⇒ 【ためしてガッテン】むくみの原因は意外なところにあった

この事からエゴマ油を摂取する事により、身体の体質が変化していくのではないでしょうか?

スレンダは太ってしまった時に、血液検査でひっかかってしまうのがこの中性脂肪とLDLコレステロールでした。その後、スポーツジムなどで運動をすると中性脂肪の値は下がったのですが、LDLコレステロール値はなかなか下がらない思いをしましたー

⇒ 【えごま油】3つのおすすめ使い方と味を試してみた感想

 

■ まとめ

現代人が不足しがちな「α-リノレン酸」を積極的に摂ってみてはいかがでしょうか?
ダイエット生活にもきっとお役に立つ事と思います。

その他、身体にはとっても良い効果ばかりなので、一度ためしては?
脳が活性化されて記憶力がアップするかもしれませんよー

スポンサーリンク