1b1059f6596abfe7a23ac79d9d758e58_s最近では手軽に行えるようになった「遺伝子検査」ですが、どのよう方法があるのでしょうか?

ダイエットに効果的な「遺伝子検査」をスレンダが調べてまとめてみました。

スポンサーリンク

■ 遺伝子検査とは

自分の遺伝子を検査してもらい、自分がもっている「肥満遺伝子」から肥満の傾向や原因を分析してもらい、どのようなダイエット方法があっているのかを適切にアドバイスしてもらえます。

遺伝子は一生変わる事がないものなので、一生に一度行えばその結果は変わる事がないといわれています。

こちらではダイエットに関係がある「肥満遺伝子」についてをお伝えしますが、遺伝子検査では病気の遺伝的傾向もわかります。
最近でいうとアンジェリーナ・ジョリーさんが遺伝子検査を行い、遺伝性のがんを予防する目的で予防的な両乳腺切除術を行った事が話題になりました。

 

■ 遺伝子検査の方法

大きく分けると2つになります。

  • 病院で検査をする
  • 自宅で検査キットを使う

病院で検査する場合も自宅で行う場合も、同じようなキットを使い口腔粘膜や唾液から検査をする場合と、それに合わせて血液検査等を行う所もあり値段も幅があるようなので、事前に電話などで確認をしてからの方が安心です。

自宅で行う場合は検査キットが送られてきますので、説明書の通りに行いそのキットを送り返せば、後日結果が送られてきます。値段は病院で行う場合と比べると安くすみますので、手軽に行う事ができます。
⇒ 【自宅でダイエット遺伝子検査】3つの種類と検査の特徴まとめ

 

■ 検査は病院と自宅のどっちがいい?

病院で行った場合は検査結果を口頭でわかりやすく説明をしてもらえます。あらかじめ「ダイエット外来」や「肥満外来」を行っている病院で検査をすると、その後の食事指導運動指導、漢方薬を処方してもらえる場合もありますので、その後のダイエットには心強いかもしれませんね。

自宅で行う場合は手軽に行えますが、その後のダイエットに役立たせるには検査結果の説明書をくまなく読み、自分でダイエットライフを組み立てなければなりません。スレンダが行った遺伝子検査ではおすすめのサプリメントが記載されていました。
⇒ 【ダイエッター必見】結果を出すサプリメントの6つの成分

 

■ まとめ

遺伝子検査を安く行いたい場合は、自宅で行える検査キットで。
より詳しく説明を聞きたいしその後の指導もしてもらいたい場合病院で。

ご自分の予算と検査を行う目的をはっきりさせた上で、どちらにするかを決めると良いと思います。
とりあえずという方は、自宅で安く出来る検査キットを申し込むのが良いのでは?

ちなみにこちらでスレンダの結果をお伝えしようと思っていたのですが、検査を受けたのがかなり大昔のために、検査結果はどこへ行ったのか・・・
また機会があれば受けてみようと思いますので、その時はこちらで感想をお伝えしますねー