f6cec9b58ec1ae8ec274bf48e88be561_s『炭水化物ダイエット』と聞くと、痩せるけど大好きなご飯やパンが食べれないのはちょっと・・・と思う方が多いのでは?
『糖質制限ダイエット』とほぼ同じ内容ではあると思いますが、スレンダが「リバウンドしない」炭水化物ダイエットの方法をわかりやすくお伝えします。

スポンサーリンク

■ 炭水化物ダイエットとは

基本的には、糖尿病の方やメタボリックシンドロームの方への食事療法の内容です。
急激に血糖値を上昇させないようにするために糖質を制限したんぱく質中心の食事です。
炭水化物を抜くダイエットではなく、毎日の炭水化物の摂取量を減らすダイエットです。

炭水化物には消化吸収されるもの(糖質)とされないもの(食物繊維)があります。糖質は、主として脳や体を動かすエネルギーになります。同じようにエネルギーになる脂質に比べて燃焼が早いので、体に吸収されるとすぐにエネルギーになります。糖質は、砂糖や果物などの甘いものだけでなく、ご飯、パン、麺類、いもなどにもでんぷんとして含まれています。
出典:農林水産省

炭水化物は上記に説明があるように
炭水化物 = 糖質 + 食物繊維 なんですよー

⇒ 糖質制限のなぜ?とダイエット効果をアップさせる4つのポイントはこちら

 

■ 炭水化物ダイエットの基本

食事の中の炭水化物を極端に減らすのではなく、少し減らします。(ここがミソです!)

1日の摂取量を極端に落としてしまうと、最初の段階で身体が疲れやすくなってしまったり、イライラしたりぼーっとしてしまう事もあるそうですが、その方が痩せるのは早いと思います。
即効性があり早く痩せたい方にはおすすめですが、長く続けられないのでその後の食事にも気をつけていかないと、リバウンドの可能性もあります。

食べる事が大好きなスレンダはリバウンドを経験していますのでこれには注意をしたい所!

ノンストレス・リバウンド無しでダイエットを行うべき「炭水化物ダイエット」の基本は下記の3つにしましょう!

  • 3食食べる(朝食を抜かない)
  • 炭水化物を2割減らす(茶碗1杯から子供茶碗1杯へ)
  • 食べる順番を変える(野菜からたべ、主食は最後)

これだけでも、十分に炭水化物の量が減らせて、なおかつ血糖値も急激に上昇しませんので、ダイエットには効果があると思います。

⇒ 【炭水化物ダイエット】手軽なおすすめ3つのランチ商品

 

■ まとめ

リバウンドせずにダイエットを行い方は『炭水化物ダイエット』はどうですか?

主食を抜くのではなく、あくまでも減らす事です。

ダイエットでストレスがたまってしまうと、精神的にも辛くなってしまうし途中で嫌になってしまいます。

どうせなら「気付いたら痩せてた~!!」が一番いいですよねー