6fbf58c3d19d063743d007c410678a38_s最近流行っている「メイソンジャーサラダ」、日本では「ジャーサラダ」ですが、容器でダイエット効果に影響はあるのでしょうか?

おすすめ容器をわかりやすくお伝えします。 

スポンサーリンク

■ 基本のジャーサラダの容器

以前『主婦でもニューヨーカーになれる?大人気のメイソンジャーサラダ』の記事でもお伝えしたとおり、「メイソンジャーサラダ」の容器はBall社の「masonjar」というガラス容器になります。

この容器は煮沸消毒も出来て密閉度が高いので、5日間分をまとめて作り置きしたとしても、野菜のシャキシャキ感が損なわれずに、新鮮なサラダを食べれるそうです。

容器の大きさ的には480ml程度がちょうど良いかと思います。

ただ、瓶に詰めたサラダをランチ用などに持ち運ぶので、とても便利と言われていますが、ガラス製品なので少し重たいですよね。

見た目を重視するならばガラス容器が良いですが、現在このBall社のものは人気が高く、売り切れている場合もあるようです。 

⇒ アメリカ で100年以上の歴史を持つ Ball社 の 密封瓶 ★ガラス ボトル 容器

 

■ 100均のガラス容器

Ball社の物はだいたい500円~800円位のものが多いようですが、送料などを含めるとガラス容器にしては値段が高くなってしまいます。

では、100均で売っているガラス容器で代用できないのでしょうか?

今は100均でも色々なお洒落なものも売っていますので、密閉度をもとめなければ十分だと思います。

「メイソンジャー」のように5日間程の作り置きは難しいとしても、前日の夜に翌日のランチ用を用意したりすれば、前日の残り野菜で簡単に作れます。

煮沸消毒をする目的は長期間の保存をするためのものなので、毎日ガラス容器に入れて持ち運ぶのであれば、通常のお弁当箱と同じ扱いで大丈夫だと思います。

 

■ ジップロック

どうしてもガラス容器は重たくて嫌だという方には、見た目よりも軽さ重視のジップロックをおすすめします。

ジップロックだと面倒な煮沸消毒もありません。

管理人の知人は、野菜を購入後1回分づつの野菜を、あらかじめジップロックに入れてしまいます。だいたい4~5袋を作ってしまい、食べる時にお皿にあけ好きなドレッシングをかけて食べます。

ガラス容器の場合は、先にドレッシングを入れていますが、ジップロックで保存する場合は食べる直前にドレッシングをかけましょう。

 

■ まとめ

いつものランチにジャーサラダを加えるだけで、一日に必要な栄養素もある程度摂れ、野菜から先に食べることで血糖値の上昇を抑えることができます。

⇒ 糖質制限のなぜ?とダイエット効果をアップさせる4つのポイント

手軽に野菜サラダを食べる為には、

  • 「メイソンジャー」の容器を購入し見た目と保存性重視
  • 「100均ガラス」の容器で見た目重視
  • 「ジップロック」で見たよりも軽さ重視

このいづれかの方法を、お好みに合わせてお選びいただき、是非お試し下さい。

 

tag_b_02

これからの暑くなる季節は食中毒のリスクが高くなりますので、ジャーサラダを作るさいには十分に注意が必要です。
⇒ 【注意】話題のジャーサラダで食中毒にならないための対処法