139123体脂肪率ってどの位が標準なのか知っていますか?

体組成計で計ればどの程度なのかはすぐに表示されますが、どの位の範囲がどうなのかを性別や年齢によっても違いがあるようなので、簡単にまとめてみました。

スポンサーリンク

■ 体脂肪とは

体脂肪とは「内臓脂肪」と「皮下脂肪」の両方をさしています。
その脂肪が体内でどの程度占めているかを表すのが「体脂肪率」になります。

計算方法などについては簡単に計算できるように、こちらの記事でお伝えしていますので是非参考にしてみて下さいね~
⇒ 体脂肪率はどうやって計算するの?【簡単に計算できるBMI】

 

■ 年齢別の体脂肪率

性別や年齢によって、標準とされる体脂肪率には違いがありますので、下記に表にしてみました。

【男性】

年齢痩せ標準(-)標準(+)軽肥満肥満
15~177%以下8~15%16~23%24~27%28%以上
18~3910%以下11~16%17~21%22~26%27%以上
40~5911%以下12~17%18~22%23~27%28%以上
60~13%以下14~19%20~24%25~29%30%以上

【女性】

年齢痩せ標準(-)標準(+)軽肥満肥満
14~1717%以下18~26%27~35%36~39%40%以上
18~3920%以下21~27%28~34%35~39%40%以上
40~5921%以下22~28%29~35%36~40%41%以上
60~22%以下23~29%30~36%37~41%42%以上

※上記の体脂肪率は、㈱タニタがWHOと日本肥満学会の肥満判定に基づき、DXA法(二重X線吸収法)によって作成されたものを参考にしています。

 

■ 脂肪の重さ

人の体脂肪の比重はおよそ0.9といわれていますので
もし体重60kgの女性が体脂肪率35%だったら

60kg × 35% = 21kg

21kgもの体脂肪を身体の中にためこんでいる事になります。
ということはお米の袋で考えると、約2つ分ですね!!(びっくり!)

女性の標準体脂肪率がだいたい22%前後なので

60kg × 22% = 13.2kg

約8kgの体脂肪を減らせば標準の体脂肪率になりますね・・・(8kgは重い!)

 

tag_b_02ちなみに人の筋肉の比重はおよそ1.1といわれており、体脂肪の比重よりも重くなっています。
どういうことかというと、脂肪よりも筋肉の方が重いので、筋肉がおちると体重がより減る、という事なのですが、筋肉が減ると代謝がおちてしまいます。

代謝がおちる ➡ ダイエット効果がでない

筋肉をおとさずに脂肪をおとすようなダイエットが良い!ということになります。
⇒ 【主婦必見】勝手に痩せるための基礎代謝量を簡単に増やす方法

 

■ 体重と体脂肪の関係

上記の表よりどの程度の体脂肪を減らせば標準に近づくのか、おわかりいただけたかと思います。

ですが体重を減らせば体脂肪が減るわけではないので、痩せているから体脂肪率が低いとか太っているから体脂肪率が高いというわけではありませんのでご注意を!

体重を減らそうとして食事制限などを行うと、筋肉が先におちてしまいます。
筋肉がおちると体重が減るので痩せた!と勘違いしてしまう場合が多いのですが、上記でお伝えしたように、筋肉を落とさずに脂肪を減らすようにしなければなりません。
⇒ 【ダイエットに必要】筋肉をつけたい時には3つのポイントがあった

 

■ まとめ

性別や年齢別の標準体脂肪率はおわかりいただけましたでしょうか?

ダイエットで体脂肪を減らすためには、筋肉を落とさずに脂肪を燃焼させるようにしなければなりません。
体脂肪より筋肉の方が重いために、体脂肪は減っているけど体重は減らないという現象が、ダイエット開始時にはおきてしまう可能性があります。

体組成計などを使い体脂肪が減っていれば、ダイエットはうまくいっている証拠ですよー
⇒ 体組成計選びに迷ったら?ダイエットにおすすめはこれ!

身体の中で変化が起きていれば、継続する事により間違いなく体重も落ちていきますので体重だけを比較せずにダイエットを行うようにしましょう!