147322体脂肪率が気になりだして少しでも下げたい、減らしたいけど何をすれば良いの?とお悩みの方へ~

スレンダおすすめの簡単に体脂肪を減らす運動をご紹介します。

スポンサーリンク

■ 体脂肪を減らす運動をするには

体脂肪には「内臓脂肪」と「皮下脂肪」がありますが、どちらも減らすための運動には『有酸素運動』が効果的と言われています。

有酸素運動と聞くと、ウォーキングやジョギングといったものをすぐに思いうかべると思いますが、普段から行っていない人にとってはわかってはいるけれどなかなかできない運動だと思います。

いざウォーキングをしようと思っても、外の天気が悪く雨が降ってしまっていると最悪です。そんな中、ウォーキングに行こうという気にはとうていなりません。外に行くとなると着るものにも気を使わなければならず・・・ジャージを持っていれば良いけれど。

いつも思うのですが、ウォーキングやジョギングをしている人ってそれなりの格好をしている人が多いのです。普通の格好をしている人はなかなか見かけません。

格好を気にせずに体脂肪を減らす運動があればその方が楽ちんですよねー

 

■ 体脂肪を減らす運動

それはズバリ『自転車で買い物』です。

自転車で買い物に行く時は、普通の格好をしていますよねー
特にジョギングをする時のような格好も必要なければ、靴も普段の運動靴で十分です。

目的もなく自転車に乗るのは淋しいので、少し離れたとこまでの買い物はどうですか?

近くにサイクリングロードなどがあれば最高です。ノンストップで自転車をこげるし、疲れれば人目を気にせずに休む事ができます。

スレンダの住んでいる近くには大きな川が流れており、その川をはさむように両側にサイクリングロードのようなものがあります。
そこには近くの人が犬を散歩に連れてきていたり、ジョギングしている人もいますが、それほど人は多くないので、気にせずにママチャリでサイクリングをする事ができます。
途中ベンチのようなものもあるので、水筒やペットボトルの飲み物を持って出れば、そこで川を眺めながら一休みする事ができます。

その他、どうしても自宅で有酸素運動を行い方には
⇒ 自宅で超簡単!手軽で費用をかけない3つの有酸素運動知ってる?

スポンサーリンク

■ 自転車での消費カロリー

では自転車に乗る事で、どの位のカロリーを消費できるのでしょうか?

以前の「日常生活の中での簡単な消費カロリー計算」という記事でもお伝えしましたが、METs(メッツ)という値をつかって、消費カロリーを計算します。

例えば、体重60kgの人が自転車を1時間乗った場合、普通の自転車に乗る場合は4METsですので

4(Mets) × 60(kg) × 1(時間) × 1.05 = 252kcal

となります。さすがに毎日続けるのが難しい方は、最初から無理をせずに少しづつ日にちを増やしたり時間を増やしたりしてみてはいかがですか?
これからの季節は気持ちが良いですよー

 

■ まとめ

格好を気にせずに体脂肪を減らす運動は『自転車に乗る』事をおすすめします。

以前は音楽を聴きながらなど自転車に乗る事ができましたが、2015年6月1日に改正道路交通法が施行され、自転車による交通違反が以前よりも厳しく取り締まられることになり、ながら運転は捕まる可能性が大ですので、くれぐれも音楽を聴きながらの自転車はご注意を!

自転車でカロリーを消費するだけではなく、食事バランスにも気をつけましょう!
⇒ 【ダイエット必見】痩せない原因は栄養不足!バランスって必要?