8adb448893125b89af204fa7955ca05f_sダイエットの中でも人気のある「キャベツダイエット」ですが、夜に行う事で効果アップがあると、話題になっています。

そこで、正しい夜キャベツダイエットで痩せる方法をお伝えします。

 

スポンサーリンク

■ 夜キャベツダイエットとは

夕食前に生のキャベツを食べるだけです。

食べる時のキャベツの量は、1回1/6個の量を食べます。

キャベツだけを食べるのではなく、キャベツを10分ほど時間をかけてよく噛みながら食べた後、普通の食事をします。

朝食と昼食は普通に食べてOKなのです。

「夜キャベツダイエット」の成功率は、なんと93%と言われているのです!

このダイエットを紹介した名古屋大学付属病院 循環器内科医師の簗瀬正伸氏が自ら実践して、3ヶ月で27キロ痩せたことでも有名です。

口コミを見て平均すると、だいたいの皆さんは1ヶ月で-3kg痩せた方が多いようです。

 

■ なぜキャベツが良いのか

キャベツをよく噛むことで脳の中の満腹中枢を刺激し、満腹感を得る事ができるのです。

(この満腹感は1時間続くといわれています。)

キャベツは歯ごたえがある分、他の野菜よりもよく噛む事ができます。

キャベツには食物繊維やビタミンCが豊富に含まれていますので、ダイエットには良いとされています。

キャベツのカロリーも、100gあたり23kcalしかないのでとってもヘルシーなんです。

 

■ 夜キャベツダイエットを行うポイント

キャベツを食べる際には、マヨネーズやドレッシングの量に気をつけるようにしましょう。

特にマヨネーズはカロリーが高いので使用は避け、ドレッシングもノンオイルのものを使うようにしましょう。

最近ではノンオイルドレッシングの種類も豊富にありますので、お好みに合わせて味を選ぶ事ができます。

油を多くつかわれていなければどんな調味料を使ってもよいとされています。

飽きてしまわないよう、毎回違った味にできる事も成功率が高い理由の一つではないでしょうか?

(クレイジーソルトも美味しいですよ~)

 

■ 成功させるための秘訣

テレビでこの特集を行った際に下記のような事があげられていました。

  • 一番いいお皿に盛ること
  • 甘いものが食べたくなったら、握りこぶし2つまでの果物ならOK
  • 食後に紅茶を飲んでリラックス
  • 目的を明確に(体重は3ヶ月で-5%)
  • 期間を決める
  • いつもより水分を多くとる

以上の事が成功させるためのポイントとされていました。

要は、夜キャベツダイエットを行う事でストレスをかけずに、リバウンドしないようにするためのポイントだと思われます。

ストレスがかかると甘いものが欲しくなってしまうので、果物を食べて気分を紛らわせたり、紅茶を飲んでリラックスしたり、高いお皿にキャベツを盛って優雅な気分になったりと、工夫をする事でストレスがかからないダイエットになるようです。

管理人も経験がありますが、キャベツがもともとあまり好きではないとキャベツを食べる事がストレスになり、ダイエットには逆効果になってしまいます。

生のキャベツが飽きてしまったら、サッと茹でてみたりとご自分に合わせた工夫を探してみては?(くれぐれも茹ですぎは注意です!)

 

■ まとめ

夜キャベツダイエットを行う際は

  1. 夕食前に生のキャベツ1/6個分10分かけてよく噛んで食べる
  2. 目標期間を決めてから始める
  3. ストレスがかからないよう工夫をしてみる

ダイエット効果の高い「夜キャベツダイエット」ですが、無理をせずに1ヶ月からでも始めてみましょう!