42e8b78119125ab3a3a5350b60d2d4a2_sアメリカハリウッドで大ブームとなっている「グルテンフリーダイエット」ですが、まだ聞きなれない方も多いのでは?

誰でも出来る「グルテンフリーダイエット」の方法を簡単にお伝えします。

 

スポンサーリンク

■ グルテンとは

グルテンとは何かを知ることで、どのようなダイエットを行えばよいのかわかると思います。

グルテンとは、小麦、大麦、ライ麦などの穀物から生成されるタンパク質の一種で、パンやうどんのもちもち感や弾力の素になる働きをするものです。しかしなかにはグルテンにアレルギーを持っている人がいるのです。グルテンを摂取すると小腸が過敏に反応して消化不良になり、吐き気や痛み、腸疾患などを引き起こす場合があります。このアレルギー反応がとても強い場合は、セリアック病という腸から栄養の吸収ができなくなる病気にかかってしまいます。自覚症状のない、軽いアレルギーの人も含めると、グルテンに対する過敏症の人は年々ふえていると言われています。

出典 グルテンフリーのこともっと知りたい

 このグルテンが含まれている食べ物を知り、食生活を変えていく事で美と健康を手に入れるのです。

 

■ グルテンが含まれている食べ物

上記にも書かれているようにグルテンが含まれている食べ物は、パンやうどん等の小麦粉から作られているもの等、私たちの周りには多いのではないでしょうか?

唐揚げなどに使用する衣類やてんぷら粉にもグルテンは含まれていますので、グルテンが含まれない米粉やそば粉、大豆粉などを代用して料理を作ればOKなんです。

糖質制限と違い、ごはんやもちにはグルテンが含まれていませんので、食べても良いという事になります。

パンが好きな方は多いと思いますが、ごはんやもちが食べれるのなら我慢できそうな気がしませんか?(もちろん食べ過ぎはNGです)

スポンサーリンク
 

■ なぜグルテンを除くとダイエットになるのか

小麦が含まれた食べ物を身体に入れると、小麦に含まれている「アミノペクチンA」により、劇的に血糖値を上昇させます。

血糖値が上昇するとインシュリンが分泌され、糖をエネルギーとして細胞へ送りこみます。

このインシュリンが急激かつ大量に分泌されると脂肪細胞へ糖が運ばれ、結果として肥満の原因となるのです。

グルテンを食べない事で、食後の血糖値の上昇を緩やかにさせインシュリンを大量に分泌させず、太りずらい身体にするのです。

ダイエットの考え方としては、低インシュリンダイエットに近いかもしれません。

 

 グルテンダイエットの注意

グルテンが含まれている穀物には、食物繊維をはじめとして身体にとって必要な栄養素も含まれています。

グルテンを食べ物から除く事で栄養素も不足しがちになってしまいますので、身体に必要な栄養素を上手に摂取する事が必要となってきます。

簡単に栄養素を摂り入れるには ⇒ 【ダイエット効果抜群】ソイプロテインの正しい3つの選び方

 

 グルテンフリーダイエットの本について

ミス・ユニバース・ジャパン公式栄養コンサルタントとして活躍されたエリカ・アンギャルさんが、世界一の美女を目指すファイナリストたちへ指南されたとして、本が出されています。

本の詳細は ⇒ グルテンフリーダイエット (一般書)

 

■ まとめ

日本で消費される小麦の85%は輸入されており、そのうちの6割はアメリカからとなっています。

「グルテンフリーダイエット」がアメリカでブームとお伝えしましたが、近年は日本もアメリカと同じような食生活に変化してきています。

ダイエットも同じ事を行えば、同じように痩せる効果はあると思います。

今後はスーパーで買い物する時に、商品の裏を見て原料を確認する癖がついてしまうかもしれませんね!